カレンダー
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

postheadericon 意外な治療範囲

多くの方は、自宅の近くにかかりつけの病院を持っていると思います。
かかりつけの病院というのは、主に内科であることが多く、風邪をひいた時や、体調を崩した時に利用される方が多いと思われます。

しかし、かかりつけの病院は内科に限らず、皮膚科や耳鼻科、歯医者等の専門病院も挙げられるでしょう。
虫歯になった時や中耳炎になった時、歯医者や耳鼻科にかかりつけで診てもらうことになるでしょう。
皮膚科の場合も同様ですよね。皮膚が弱い方なんかは、かかりつけの皮膚科を持っていると思います。

皮膚科というと、アトピー性皮膚炎や、皮膚の疾患で利用する専門病院と認識されていると思います。
ですが意外な疾患も、皮膚科の治療範囲なんです。例えば巻き爪。そして靴ずれ。

巻き爪や靴ずれで悩む方は多いと思います。
でも、小さな疾患であることから、そんなに気に止めることなく、治療もせずに放置する方が多いでしょう。
ですが、巻き爪や靴ずれの放置は、症状を悪化させるのみならず、治療も厄介なものになってしまうことがあるんです。
ですから、巻き爪や靴ずれを起こした際は、出来るだけ早く皮膚科に行って診察治療を行ってもらう必要があるのです。

今日は、巻き爪と靴ずれが及ぼす危険性と、皮膚科について、紹介していきたいと思います。

イチ押しリンク

東京で巻き爪の治療を行なうならここをチェックしてみてください。|荻窪上田クリニック
池袋の皮膚科ならここがオススメ!|恩田皮膚科クリニック
港区には評判のクリニックがあります。|あきよし皮フ科クリニック
たるみは手術でなくしましょう:目の下のたるみ手術について教えて!
東京の美容皮膚科でアンチエイジング | J.YOSHIDA CLINIC